ルパン三世の愛車、フィアット500(2代目)について

20150218

イタリア最大の自動車メーカー、フィアットが1957年から1977年までの約20年間に渡って生産していた2代目フィアット500(NUOVA 500)は、日本でも「ルパン三世の愛車」として人気が高い一台です。

日本でいう軽自動車よりも小柄で丸みを帯びた2ドアハッチバックボディに479ccの空冷直列2気筒エンジンをリアに積み、後輪駆動方式を採用しています。

ボディには屋根をオープンできるキャンバストップ機構を標準装備し、車内空間は小型のスピードメーターを備え、簡素な操作系のみを装備した非常にシンプルなデザインです。

スポンサードリンク

ガソリンはフロントのボンネットを開けて給油するスタイルで、フロントはガソリンタンクとスペアタイヤのスペースのみ確保されており、荷物の積載性は無いに等しいものでした。



いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
  ↓

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)