ホンダ シビック タイプR

ジュネーブモーターショーでホンダは欧州向けの「シビック タイプR」を発表したようです。シビックと言えば、日本版マスキー法と言われた1978年の排ガス規制に対応した副燃焼室を持つCVCCエンジンを搭載した、斬新なイメージのあるエコカーというのが個人的な印象として強いのです。

だから、タイプRというレーシング仕様と言われるとどこか違和感がぬぐえないのですが、走るためのマシンとして半端ない性能で仕上げてきているので、もうこれまでの自分のイメージとはサヨナラしようかなとも思ってます^^;

スポンサードリンク

 

2015年夏に欧州で発売されると言われている「シビック タイプR」は、19インチの大径アルミホイールとタイヤを履いていて、2.0L VTEC TURBOエンジンは、最高出力310馬力だそうです。

 

ドイツのアウトバーンを疾走するホンダの「シビック タイプR」はやはり高い音が特徴の高回転エンジンなのでしょうか。詳しい情報が待ち遠しいですね^^



いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
  ↓

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)